これだけは押さえておきたいグルコサミン・コンドロイチン:性質

グルコサミンもコンドロイチンも軟骨の主成分であり、スムーズな関節の動きに不可欠な成分です。そのため関節痛に効果的だと言われ、痛みを和らげるためのサプリメントが多く販売されています。グルコサミンとコンドロイチンは同じ性質で同じ効果を持っていますが、体内での働きには違いがあるのです。

グルコサミンアミノ糖の一種で、アミノ酸が結合してきた物です。グルコサミンを」摂取することで軟骨の再生を促す性質を持つため、擦り減って変形してしまった軟骨に効果的です。そのため軟骨細胞の基礎だと言われています。変形性関節症の治療にも使用されることで知られています。

動物の体内においては、皮膚や軟骨、爪に含まれていて、心臓弁などにも存在する成分です。細胞を形成する成分として体内のあらゆる場所に存在し、関節細胞の新陳代謝や人間の関節や骨格のなめらかな動きに欠かせない性質を持っています。一方のコンドロイチンはムコ多糖類の一種です。

グルコサミンと違う点は、コンドロイチンには軟骨の再生を促す働きがないという点です。再生の働きはないのですが、軟骨の分解を阻止することでクッションのような役割を果たすことができるため、関節症などの悪化を防ぐことができます。

コンドロイチンはグルコサミンから合成されていて、もともと体内に存在しているものですが、年齢を重ねるごとに減少してしまいます。歳を取ると関節の動きが悪くなるのはそのためです。サプリメントとしても人気の高い両者ですが、その抽出方法にも違いがあります。

グルコサミンの場合は、カニやエビなどの甲殻類の外皮に含まれる成分を抽出しているものが多いのですが、それ以外にもトウモロコシなどの植物由来の物もあります。それに対し、コンドロイチンはサメの軟骨から抽出されるものが多く、原料も異なります。

サプリメントなどで補給する場合には、グルコサミンとコンドロイチンの二つの成分を同時に摂取することで相乗効果が得られるので同時摂取が好ましいのです。薬とは異なるため、副作用の心配もなく安心です。

PAGETOP