これだけは押さえておきたいグルコサミン・コンドロイチン:グルコサミン・コンドロイチンの違い

グルコサミンとコンドロイチンは、それぞれ『関節痛に効く成分』『関節痛に良いサプリメント』として扱われており、高機能なサプリメントの中にはどちらの成分も配合されているものがありますね。

どちらがいいかということに関してはあまり大きな違いはなく、どちらも膝の関節痛やそれ以外の関節の神経痛に効く効果があります。

といっても、グルコサミンとコンドロイチンは大きな違いがあるのです。ひとつは、グルコサミンは単糖類で、コンドロイチンは糖類に親和性のある蛋白質となっています。

どちらも体にいい成分であり、親水性が高いというのが特徴ですが、科学的に見てだいぶ違うということがあります。もう一つは、グルコサミンとコンドロイチンの用途の違いです。どちらも同じように膝の関節に効くのですが、その膝の関節への作用が違うのです。グルコサミンは、関節の軟骨の成分の一つとなっています。

また、グルコサミンだけではなく他にはコラーゲンなども軟骨の成分になっていて、どちらも摂取することで関節の軟骨が増えて厚みが出ることから、関節痛に効く成分と言われています。一方コンドロイチンは関節でまるで血液のように働く関節液の成分となっており、コンドロイチンが増えることで軟骨の関節液が増えるということで、より動かしやすい関節になると言われています。

この場合は保水性に優れたヒアルロン酸なども、この仲間に入ることでしょう。最近は特に、グルコサミンやコンドロイチンの成分が体のあちこちに効くということは分かってきていますね。美容に関して言えば、コンドロイチンのほうが有効となっています。というのも、コンドロイチンは直接体内で吸収されるのですが、その時にヒアルロン酸を組成する成分としても動かすことができているのです。

違いとしては、作用する部分が大きく違っている成分なのだということを知っておくといいでしょう。余談ですが、一緒に摂ると効果的とされている成分として、コラーゲンやヒアルロン酸、またカルシウムやマグネシウムがあります。

これらは全て骨や関節に聞くサプリメントとしてセットに成って販売されていることが多いものです。また、最近はグルコサミンと書かれているサプリメントにも、これらの成分が一緒に配合されていることはあります。どれがいい・どちらがいいということではなく、どれもきちんと摂取し、また体を動かしやすく歩きやすくするために、どちらもかかさず摂取するようにしましょう。

PAGETOP